共栄住研のこだわり

地域に根ざした工務店だからこそ譲れない、共栄住研のこだわりがあります。それは地震に対する建物の強度、すなわち耐震性です。そして、それに伴う材料です。 静岡県内産の檜・杉 を使用した住まいは、まさに地域の風土に適した建物です。


共栄住研は、全ての建物が 耐震等級3相当


住宅の地震に対する強さの基準は、建築基準法によって定められています。
また、良質な住宅を取得するためにつくられた「住宅の品質確保促進法」では、耐震性能を判断する目安として3段階の「耐震等級」が定められました。

建築基準法では、「極めてまれに(百年に一度程度)発生する地震力」が定められており、性能表示制度ではこれに耐えられるものを「等級1」としています。

・耐震等級1:阪神・淡路大震災相当の地震でも倒壊しない程度
・耐震等級2:阪神・淡路大震災相当の1.25倍の力の地震でも倒壊しない程度
・耐震等級3:阪神・淡路大震災相当の1.5倍の力の地震でも倒壊しない程度

共栄住研では、全ての住宅を「耐震等級3相当」で施工しています。


共栄住研をお選び頂くお客様


材料にこだわる共栄住研では、全ての現場の柱・土台はもちろん間柱や筋交いなどにも県内材の檜・杉を使用しています。

それぞれの建築会社の特色によって、客層に違いがあります。共栄住研も様々なお客様にお選び頂いていますが、ひとつの特徴として、目利きの方が多い事があげられます。行政の建築部門のOBの方や材木屋、製材屋、または学校の先生など…
建築を知っている方に選ばれているのです。それは、材料の良さをご理解頂いているからではないでしょうか。

住宅メンテナンス残念な事に、昔はごく当たり前に使用されていた素材が、色んな理由で使われなくなってしまいました。
それに伴い日本の木材も使われなくなり、山が荒れ、環境も破壊され災害も頻繁に起こるようになりました。
環境を守ろう、と叫ばれている今日人間の生活の根本である『家』も自然環境を取り戻す時期ではないでしょうか…と共栄住研は考えます。

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

お問合せフォーム