共栄の家の性能2

【基礎】


当社の基礎はベタ基礎が標準。
基礎部分を転圧し防湿シートを敷き、その上に20センチ間隔で格子状に配筋します。
その上にコンクリートを打設します。


基礎の立ち上がり部分の幅は16cmと見た目でも頑固と感じる基礎です。
ベタ基礎の場合、1枚の鉄筋コンクリートの船に乗っている状態ですから 地震や不等沈下に強くなっております。
又、床下はいつも乾燥しており併せて基礎パッキンを使用する事により空気の流れもスムーズになりシロアリの心配もありません。


共栄住研では、地震に強く長持ちする家造りを目指していますが、やはり安心安全な家造りの為には、まず頑固な基礎と考えています。

設計でバランスよく考えられた木造住宅でも、それを支える大切な基礎がより強くなければ意味がありません。

見た目でも一目で「強そう」と感じていただける基礎です。

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

お問合せフォーム