マイホームが出来るまで

夢のマイホームを出来るまでの順番を表にまとめてみました。この順番に沿って進めていけば、順調にマイホームを手に入れることが出来るでしょう!

建築スケジュール表

項目によってお客様それぞれ必要とする期間は違いますが、平均して土地から探す場合で9ヶ月~1年ほど、長い方では2年ほどかけて新築していきます。


ご入居時期が決まっている場合は、このスケジュールを逆算して準備に取り掛かることが必要です。


今はまだだけど数年後には…などとお考えの方、そろそろマイホームに向けて動き出してみてはいかがでしょうか?まずはぜひ当社のイベントにご参加下さい!


共栄住研の近日中のイベントはこちら!

家づくりのはじめ方

家づくり 一歩目はみんな初心者です


一生に一度あるかないかの家づくりは、多くの家族が初めての経験です。始めようと思ったものの、まず何からしていいのかわからない、という人も多いと思います。

そんな方に、少しでも家づくりの進め方について知ってもらるよう、参考にして頂ければと思います。

持ち家を持とう!または、新築しよう!思いたったらすべきことの順序についてまとめてみました。


まずは、予算計画を立てる


家づくりについては初心者家づくりをするためには、土地から探す方はまずは土地探しを、建物のみを検討の方は早速建築業者選びを・・・などと思っている方が多いと思いますが、それは大きな間違い!
まず始めにすることは、家づくりに対する自分たちの全体の予算を決める(把握する)ことです。
なぜなら、気に入った土地は見つかった、家を建てる住宅会社も決まった。さあ始めよう…と思っても、総額分の支払い能力がないことには、せっかく見つけた気に入った土地も買えない、家づくりも出来ない!ということになってしまうからです。

そうならないためにも、まず始めに自分たちはいくらの予算で計画するか、ローンを組む方はいくらの借り入れが出来るか、それを知ることが大切です。

勤務先からでる源泉徴収を用意し、金融機関に相談することによりおおよその借り入れ額を試算してもらうことが出来ます。平日の日中に時間が取りにくい方にも対応した夕方からの相談会や日曜に営業している窓口もあります。
お忙しい方に代行して、私たちが書類を預かり相談に行くことももちろん可能です。※ただし、この時点ではあくまで仮申し込みであり、実際の借り入れの詳細についてはその後の本申込みをした後でなくては正式なお返事は頂けません。

金融機関に試算してもらい、借り入れの可能額が分れば、その金額+頭金+α(親御さんの援助等)が、総予算となるのです。


次に、住宅会社を決める


予算枠がわかったし、では次に土地を探そうか・・・そうではありません。土地は後でもいいのです。その訳は以下の通りです。

そもそも、土地代と建築費を合わせると総額で3,000万や4,000万という金額になってきますが、土地代をキャッシュで という方はそうそういません。ほとんどの方は土地代+建築費を合わせて住宅ローンを組みます。

その場合、住宅ローンの融資の実行が具体的にならないと、土地の購入が出来ません。住宅ローンは土地だけの購入には融資をしてくれません。
要するに

 ・どんな住宅を建てるのか
 ・建てる住宅会社はどこなのか
 ・土地代+建築費がいくらになるのか

以上のことが決まっていないと、住宅ローンの申込みすら出来ないのです。
すなわち、建てようとしている住宅がある程度決まってないと、土地の購入が出来ません。

予算枠が決まったら次に検討することは どんな住宅を建てるのか=住宅会社を決める ということになります。 

必読!“無料”小冊子進呈中!

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

お問合せフォーム