住宅ローン 金利の注意点

家づくりを検討している方に、どうしても知っておいていただきたいことがあります。

家作りを検討している人のほとんどが、人生で一番高い買い物は「家」だと思っています。しかし、人生で一番高い買い物は「家」ではないのです。

その答えは、「住宅ローン」なのです。なぜなら、例えば、3,000万の家を3,000万で買える人は現金で購入される方だけです。ほとんどの人が住宅ローンを組みます。ローンの組み方によっては、3,000万の家が4,000万になる人、あるいは5,000万になる人、場合によってはそれ以上になってしまう人が存在するからなのです。

例えば、3,000万円の住宅を金利2.5%(全期間固定)35年のローンを組めば、その返済総額は、45,044,160円になります。

仮に同じケースで金利がたった1%上昇しただけで、その返済総額は52,074,540円になります。


その返済総額の差は、何と7,030,380円にもなるのです。


このことを踏まえれば、人生で一番高い買い物は「家」ではなく、「住宅ローン」であることがご理解いただけると思います。

結論:家作りで重要視すべきポイントは、きちんとした資金計画を立て、家作りで後悔しないために“あなたに合った最良な住宅ローン”を組むことなのです。

ここ数年の傾向は複数年固定金利を選ばずに、変動金利を選ぶ方が大半を占めるほどになったそうです。その背景には、世界的な不況などからしばらく金利の上昇をするような要素が見当たらないことなどがあげられるようです。しかし、2010年の9月をピークに金利は少しずつ上昇傾向にあります。

過去に建てられたお客様の中には、先日住宅ローンの借り換えをされた方もいらっしゃいます。

もし、「住宅ローンで失敗したくない」とお考えのあなたは、以下の問い合わせホームに今すぐアクセスしてください。必ずあなたの家作りに役立つ情報をお届けします。

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

お問合せフォーム